ホーム > 企業概要 > 沿革

企業概要

沿革


明治33年(1900年)
先代佐藤太三郎により創業 縫製加工及び納入販売を開始
明治44年(1911年)
日本毛織株式会社と取引を開始
大正13年(1924年)
株式会社佐藤太三郎商店を設立
昭和14年(1939年)
被服部を分離して、佐藤被服工業株式会社を設立
昭和15年(1940年)
日本衣料製品統制配給株式会社の代行業務を担当
昭和22年(1947年)
商工省指定既製服、作業服の登録業者となる
昭和23年(1948年)
傍系会社太陽興業株式会社を合併
昭和24年(1949年)
傍系会社既製服中央第十七代行株式会社を合併
昭和25年(1950年)
佐藤産業株式会社に商号を変更
昭和28年(1953年)
被服部を分離して、佐藤被服株式会社を設立
昭和42年(1967年)
宮城県米山町に米山工場開設
昭和45年(1970年)
日本毛織株式会社との資本提携を強化
昭和45年(1970年)
佐藤被服株式会社により佐藤産業株式会社を吸収合併
昭和60年(1985年)
佐藤産業株式会社と商号を変更。本社ビル竣工
昭和61年(1986年)
千葉県八千代市に商品開発センターを新設
平成2年(1990年)
創業90周年記念ユニフォーム総合展を開催
平成3年(1991年)
DCブランドJALフィセフィーユと契約
平成7年(1995年)
創業95周年記念ファッションショーを開催
平成9年(1997年)
栃木県宇都宮市に宇都宮営業所を開設
平成12年(2000年)
創業100周年記念行事を開催
平成18年(2006年)
日本毛織株式会社の連結子会社となる
平成22年(2010年)
創業110周年記念スクール・ビジネス合同展示会を開催
Page top